えらくないブログ。

お絵かきする人です。カービィに貢ぐのが楽しい!

きみとわたしとあこおでぃおん。

クロニコ


カイバよりクロニコ。
スタッフさんどうか話内のキャラクターがハッピーエンドに終わる話を
作ってあげてください セツナスギル ○| ̄|_ ちょいと前から母親は仲のいいおばさんと
近くの公園まで散歩に行く日課が出来ました。

日課自体はどうでもいいなんですが、
そのおばさんの子供は、自分と同世代というか、前まで同じ学校、同じ学年でした。

で、その子はまあ典型的な調子付いた
仲間と群れる私から言わせればガキ性質の男の子で、
私と言えば比較的におとなしくて多分異様に見た目根暗で
絵を描いたりボーッとしたりしている、だいたいいつも一人でいる、
彼にすれば、まあ気に食わないというか、気分的に嫌な人間だったんでしょう。

そんな関係で、同じクラスにもなったんもんで、まあ、
なんでしょうかね、いやがらせとか、簡単な悪口みたいな、
そんなのだったわけです。
彼の仲間も彼と同じような性質だったらしいので、まあ、言わずもがなと言うか。
人が人なら大したいやがらせじゃないとも思いますがね。
お恥ずかしながら昔は今なら殴りたくなるような、とんだ子供っぽい子供でしたから。
結構精神的に来たわけですね。
年をが経てもそれがあったわけですが。まあ歳つめば気にしないんですがね。こっちは。
遊び感覚なんですかね、あれは。
不満なら直接言いにこればいいものですが。こればっかりは疑問に思ってます。今も。

その彼の仲間っぽい一人に一度問い詰めたことがあったんですが、
「彼にそうしないと嫌われる」と。
ここまで呆れる答えが返ってくるとは思いませんでした。
もちろんその本人も以後対応は変わりませんでしたが。
結局彼とは口を聞きたくもなかったのでこの関係は今でも続いているんじゃないですかね。


何も知らない母親たちはなぜか非常に仲が良いので
よく遊びに行きます。一方子どもたちはたまったもんじゃないです。
そして私の母親はそのおばさんからそのおばさんの子供、彼の話もよくします。
どこの学校に行っているか、今何をしているか。
私からすれば勝手ながら聞きたくもないことなので、毎度聞き流してます。
なので、私は学校での日常は全く言わなかったり、ごまかしてきました。

私が学校の話を今でも詳しく話していないのは名残があるみたいです。
多分、私が親に過去のことをちゃんと言う事は今も後も一切ないんでしょう。

自分の崩れる様より、親のあの人の友好関係が崩れるのは見たくないです。
人の糸は残酷です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。